普通のガムを噛む男性とニコレットの画像

煙草の代わりにガムを噛んで誤魔化すのは常套手段と言ってもいいぐらいベタですよね。ニコレットは禁煙の補助に特化したガムなので普通のガムと違い試してみる価値があります。

禁煙時のアルコールと禁酒とニコレットについて

喫煙をする人と言うのはアルコールを飲む事でいつも以上に煙草の本数が増えると言う人が多くいます。
普段は1日に20本前後の場合でも、アルコールを飲む事で1日分の煙草を吸ってしまうなど、過剰な喫煙をしてしまうケースが在ります。

禁煙をしている時など、煙草を我慢しているのにも関わらず、お酒の席でアルコールが入ることで1本くらいは良いだろうと言った感覚で煙草を吸ってしまうと、ニコチン依存が在る事からも禁煙の失敗をしてしまう可能性が高いため、禁煙をしている時にはアルコールを飲む会などの参加は控えるのが良いとも言われています。

尚、これは禁煙をしている時は禁酒と言う人もいるわけですが、禁酒をすることで煙草への関心が引き下がるため、禁煙をする時の禁酒と言うのは効果を高める事が出来るとも言われています。

因みに、禁煙と言うのはストレスが溜まるものでもあると言われています。
その理由は、煙草を吸いたいと言う欲求を抑える事からも、ストレスが加わることになります。

そのため、楽に禁煙をする方法としてニコチン依存を引き下げる事が出来る禁煙補助剤のニコレットを利用する方法も在ります。

ニコレットにはパッチタイプとガムタイプの2つの種類が在り、どちらもニコチンの成分が含まれているため、身体の中にニコチン成分が入るため、脳内物質のニコチン受容体と結びつき、神経伝達物質の一つと言われているドーパミンの分泌が行われるため、何もせずに禁煙をするよりもニコチン依存を下げる効果、禁煙時の離脱症状を緩和させる効果などを得る事が出来るようになります。

因みに、禁煙補助剤には色々な種類が在りますが、ニコレットを利用している時に、他の禁煙補助剤を使う事は推奨されていないので注意が必要です。