普通のガムを噛む男性とニコレットの画像

煙草の代わりにガムを噛んで誤魔化すのは常套手段と言ってもいいぐらいベタですよね。ニコレットは禁煙の補助に特化したガムなので普通のガムと違い試してみる価値があります。

呼吸器への影響と換気扇の場所での喫煙とニコレット

人間の肺機能と言うのは20代を境にして低下すると言われています。
しかし、肺機能が低下していても、人は死ぬまで肺機能は維持する事が出来るのですが、煙草を吸う事で機能低下は更に深刻な状態になる事も少なくありません。
煙草を吸う事で肺や気管支と言った部分の炎症は時間をかけて進行してしまう事になります。

COPDと言う疾患が在り、名前だけは聞いた事が有ると言う人は多いかと思われますが、COPDと言うのは慢性閉塞性肺疾患と呼ばれる疾患で、慢性閉塞性肺疾患の症状を持つ患者さんの大半が喫煙者であることからも別名「煙草病」などとも言われています。

呼吸をする時は、気管支を通じて酸素を肺胞に取り入れる事になります。
煙草を吸い続けている事で、気管支や肺胞に炎症が起こりやすくなってしまい、肺胞が破壊されてしまうと肺が空洞化と言った状態になります。
症状が悪化する事で呼吸機能は低下する事になり、結果的に呼吸不全と言った状態になってしまう事も在ります。

煙草にはニコチンやタールと言った有害な物質が含まれているため、呼吸器官だけではなく様々な病気の原因にも繋がることになります。

自宅で喫煙をする人の中には換気扇のある場所で煙草を楽しむ人もいますが、換気扇のところで煙草を吸っていても、家族などに受動喫煙のリスクを与えてしまう事もあります。

ニコレットは煙草が吸いたくなった時など、ガム状の禁煙補助剤を使う事で煙草を吸いたいと言う気持ちを抑える事が出来るもので、ドラッグストアなどでもニコレットを購入する事が出来ます。

また、ニコレットにはガム状タイプ以外にも、身体に貼り付けておくことでニコチンが少量体内に取り込まれ、煙草を吸わなくても我慢が出来る状態に導いてくれるパッチタイプも在ります。