普通のガムを噛む男性とニコレットの画像

煙草の代わりにガムを噛んで誤魔化すのは常套手段と言ってもいいぐらいベタですよね。ニコレットは禁煙の補助に特化したガムなので普通のガムと違い試してみる価値があります。

ニコレットを噛むと吸いたくなくなるのか?

タバコをやめたくてもなかなか止められないという悩みを抱えている人は多いですが、タバコがやめられない原因のひとつにはニコチンに依存しているということがあげられます。
タバコに含まれるニコチンは一時的に気持ちを楽にしてくれますが、依存性も高く、切れてしまうとイライラした気持ちが出るようになってしまいます。
そしてそのイライラした気持ちを抑えることは難しく、ついタバコに手を出してしまうという人も少なくありません。

禁煙を成功させるためにはそうしたニコチン切れのストレスをうまく解消する工夫も行っていきましょう。
市販にも様々な禁煙グッズが販売されていますが、ニコレットも人気の商品のひとつです。
ニコレットはガムタイプですので、煙も出ませんので、禁煙席や他の人が近くにいるときも安心して利用することができます。
ニコレットはドラッグストアでも手軽に入手できるので、禁煙で苦労している人は活用してみてはいかがでしょうか。

口の中に入れて噛むことで少量のニコチンが放出され、ニコチン切れの症状を緩和してくれます。
使い方はタバコを吸いたくなったとき1回に1個をゆっくり噛み、ピリッとした味がしたらニコチンが放出されたサインですので、頬と歯茎の間にガムをおき、味がなくなるまでしばらくそのままにして粘膜からニコチンを吸収させていきます。
良い効果を得るためには正しく使うことが大切ですので、噛みかたはよく理解しておきましょう。

使用量は個人差がありますが、1日最大で24個まで利用することができます。
そしてニコレットの量は少しずつ減らしていき、1日あたり1、2個で足りるようになり、その段階をすぎてまったく必要がなくなれば禁煙は完了となります。