普通のガムを噛む男性とニコレットの画像

煙草の代わりにガムを噛んで誤魔化すのは常套手段と言ってもいいぐらいベタですよね。ニコレットは禁煙の補助に特化したガムなので普通のガムと違い試してみる価値があります。

普通のガムとニコレットの違い

まず、ニコレットは普通のガムとは比べものにならないくらい高いです。入っている個数にもよりますが12個入りで1000円以上します。24個入り36個入りともなればそれ相応の値段になります。そして、スーパーなどではなく薬局で売られています。それは、普通のガムとは用途が全く違うからです。普通のガムは味を楽しんだり口臭の予防や、虫歯予防など楽しむためのいわばお菓子に分類されます。味も多岐にわたり遠足やピクニックドライブ等レジャー時に食べるものといったイメージがあります。それとは違い、ニコレットとは商品名にも入っていますがニコチンを含んだガムで指定第2類医薬品にあたいします。それゆえ、たばこを吸わない人や未成年には絶対にお勧めできないものです。普通のガムと決定的に違うのはその使い方です。ニコレットはたばこをやめたい人の禁煙補助や減煙したい人のイライラ防止などを目的に作られた商品です。味も目的が違うのでフルーツ、ミント等2、3種類しかありません。利用のしかたも、普通のガムは口へ入れて噛んで楽しみ味がなくなったら捨てるというのが普通ですが、ニコレットはまず、口へいれて数回噛んだあと、歯茎と頬の間や舌下へ入れておきます。その際個人差があるとは思いますが、舌下や歯茎がぴりぴりしたりします。そうすることでニコレットに含まれるニコチンが体に吸収され、たばこを吸うほどではないですが、ニコチン中毒の禁断症状の緩和が期待されるのです。そのままの状態でイライラや禁断症状が治まったら取り出して小皿へ置くなり取り出しておくなりしておけます。そしてまた同じ症状が出たら同じことを繰り返します。何度か繰り返すと味がなくなってきますので替え時です。自分のイライラ度に合わせて利用時間や個数を変えられるのが利点ですが、使用しすぎてはニコチン中毒からは抜け出せないので注意が必要です。

■禁煙補助商品はニコレットだけじゃありません!
チャンピックス 通販